ABOUT US

Poisson de Paris (ポアソン・ド・パリ)

2005 年頃、当社社長がパリに滞在中、シテ島でセーヌ川を眺めていた時に思った一幕がありました。
セーヌ川にはどんな魚がいるのかな? きっと赤ワインを飲み、ご機嫌良く泳いでいるのだろうと思った。
そして、いつの日か『ポアソン・ド・パリ』というブランドを立ち上げたいと思うようになりました。
『ポアソン・ド・パリ』は、フランスで活躍する創作力豊かなアーティスト達が手掛けている、気さくで上質のお品を取り 扱うショップです。
魚のモチーフは若きアーティスト RINによって絵描かれたものです。

 

JACK GOMME (ジャックゴム)

1985 年、フランス人デザイナーのソフィ・レニエ とポール・ドレースによって誕生したジャック・ ゴム。
南仏ニースで設立し、機能美•耐久性•軽量性 の融合をコンセプトにしたMade in France の バッグとしてコレクションを発表しました。
ブランド展開とチームマネジメントを導くのは、 発想力豊かな情熱家のソフィ。素材選びと試作品 作りを担うのは、店舗設計も手掛ける芸術家肌の ポール。現在はパリのレアール地区に本店、マレ 地区に第2 号店を構え、二人の自宅兼アトリエの あるヴィレット街ではアーティスト仲間との交流や 芸術作品、旅先で目にした建築様式や雄大な自然, そして日常生活の様々な場面からインスピレーション を受けた遊び心溢れる新作が、創作されています。
ジャックゴムの日本パートナーであるポートユニオンは、東京・神奈川・兵庫・熊元に6店の実店舗を展開しています。

 

 chausser (ショセ) 


“フランス語で「履く」を意味するchausser。 シューズデザイナー前田洋一氏が手掛けるブランドでコンセプトは「ずっと愛着を持てる靴」。 そのデザインはシンプルでトラディショナル。でもどこか愛嬌があるのが特徴。 オーダーメイドの靴職人であった父親を持つデザイナーが目指すのは、大量生産ではなくハンドメイドから生まれる温かみのある靴。日本の熟練した職人の高い技術により仕上げられたアイテムは上質かつ丈夫な作りで一度履いてみると、その想いが伝わります。





TRAVELSHOES by chausser
(トラベルシューズバイショセ)

chausser (ショセ)から2016年秋にスタートしたこちらのブランドは、そのブランド名のとおり旅行をテーマとしたアイテムを展開。モードでスタイリッシュな外観でいて、軽さやしなやかさ、防水性などの機能を追及したお洒落なトラベルシューズは、非日常を楽しむ旅先でも、日々の生活においても、シーンを問わず寄り添ってくれる頼もしい1足となっています。

 


Parc-nique (パークニック)

 

パーク(公園)とピクニックから生まれた造語であるpcnq(パークニック)では、公園に集まる性別や国も様々な人々をイメージし、それぞれにユニセックスな人名を付けた帽子を製造しています。
シンプルながら、内側の見えない部分にもこだわり、外にアピールするよりも被る人が楽しくなるような素材使いや遊び心溢れるディテールとなっています。
pcnq(パークニック)が目指すものづくりは、素材の表情を引き出すことで、使う人のスタイリングの一部として溶け込むこと。まるで空気のように温かく自然な帽子を作っています

 

 chisaki (チサキ)

デザイナー苣木紀子の手がけるブランド。
帽子メインのブランドを十年以上続けた後、日本の職人の技術、志の高さ、心遣いなどに共感し、日本製に重きを置き2016SSコレクションより、「chisaki」の名で、ブランドをスタート。
日本のみならず、パリやミラノ、ロンドン、NYなど多方面で活躍し、有名セレクトショップのオリジナルアイテムといった幅広いものを制作しています。女性らしい柔らかなニュアンスが魅力のブランドです。
「Peace begins with a smile.」作る人、売る人、買う人、未来にとって心地よいものづくりをし、人とものが繋がる時、会話や笑顔が生まれるようなものを。
永く愛着を持ってその人に寄り添えるような帽子、その人の暮らしの中のベーシックになれるような帽子作りを目指しています。

 

A L’OLIVIER (ア・ロリヴィエ)

 

1822年創業のフランスの老舗オリーブオイルブランド。
パリのマレ地区に創業して以来、確かなクオリティーと時代にマッチングした洗練されたセンスは、パリジャンはもちろん、全世界の食通から愛され続けている専門店です。
本店に足しげく通うファンには、女優カトリーヌ・ドヌーヴや俳優ジェラール・ド・パルデューなどそうそうたるメンバーが顔をそろえています。
エールフランス航空のファーストクラス、ビジネスクラスで使用されるなど、フランスを代表するオリーブオイルといっても過言ではないでしょう。
豊かな味のバリエーション、及びビジュアルデザインも楽しめ、日々のテーブルを明るくしてくれます